葬祭費補助金制度について

query_builder 2021/10/12
葬儀の知識と初めての喪主へ
葬祭費補助金制度について

葬祭費補助金制度について


葬祭補助金制度とは

国民健康保険または後期高齢者医療保険、社会保険の被保険者が亡くなったときに支給される給付制度です。


多くの方は、お葬式の準備ができないままお葬式を迎えます。

突然必要となるのが葬儀費用です。

葬儀後に給付される葬祭補助金がありますので紹介します。


葬祭補助金の申請方法について

葬祭費

国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合、市区町村から給付されます。

※申請しないと給付されません。

死亡日から2年以内に申請する必要があります。

葬祭費として1万円から7万円が支給されます。

問い合わせ先は各市区町村の役所、保険年金課です。


埋葬料・埋葬費

社会保険や各共済組合に加入していた場合、会社から給付されます。

埋葬料・埋葬費は5万円です。

死亡日から2年以内に申請が必要です。

問い合わせ先は加入している管轄の保険事務所または共済組合です。


弔慰金

勤務していた会社から弔慰金が支給されることがあります。

退職金と一緒に支払われることがあり、請求の必要はありません。

弔慰金は義務ではないので、必ずもらえるわけではありません。


葬祭費補助金制度以外にも葬儀後の手続きはさまざまあります。

しっかりとアフターサポートしますので、ご安心ください。