弔辞マナーについて

query_builder 2021/08/27
葬儀の知識と初めての喪主へ
お葬式弔辞マナー

弔辞マナーについてご紹介します


弔辞とは

故人と親交の深かった人が故人に捧げる、弔いの言葉です。

参列者に対し故人の人柄や業績を伝える役割でもあります。


弔辞を作成するポイント

弔辞の長さは5分以内にまとめるとよいでしょう。

900文字が目安になります。

忌み言葉は使わないようにしましょう。

「たびたび」「再び」「ますます」など不幸が重なるイメージを連想させる言葉は使いません。


弔辞の構成は

導入は故人を悼む言葉から入り、故人の人柄や業績など思い出深いエピソードを交え

最後はご遺族へのお悔やみと冥福を祈る言葉で結びましょう。


堅苦しい表現の必要はなく、故人に向かって静かに語りかけるように

自分の言葉をつづることが大切です。

____________________

「とむらび」では葬儀マナーや

葬儀費用を抑えることができる安心プランがあります。

詳しくはこちら