四十九日法要について|川崎市の葬儀社とむらび

query_builder 2021/06/28
葬儀
とむらび

四十九日法要についてご案内します。


四十九日法要とは

命日を含めて49日目に行う法要で

自宅やお寺の本堂などで行うことが多くなっております。


四十九日法要に必要なものは「位牌」です。

葬儀の際の位牌は仮位牌となりますので、本位牌の手配が必要です。

法要の際に仮位牌から本位牌に魂入れを行うためです。

作成するのに2週間近くかかりますので、早めに手配しましょう。


この日をもって「忌明け」となり、忌明けの会食を開くことが一般的です。


四十九日は、喪に服していた遺族が日常生活に戻る日とされています。


NEW

  • お葬式の事前に準備しておきたいこと|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/21
  • 納骨堂について|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/18
  • お墓の種類について|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/17
  • 永代供養の樹木葬|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/16
  • 初めての海洋散骨|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/14

CATEGORY

ARCHIVE