友人葬を説明します|川崎市の葬儀社とむらび

query_builder 2021/07/06
葬儀
とむらび

友人葬について説明します


友人葬とは
創価学会の葬儀のことをいいます。
家族葬、一日葬、直葬(火葬式)、一般葬などの形式があります。

お葬式の進行は儀典長が導師を務め執り行います。


友人葬の場合、戒名をつけません。
位牌には生前の名前(俗名)が記されます。

お布施や戒名料は不要になります。



友人葬のマナー
創価学会の方針として「儀礼的な意味での香典は持参しなくてもよい」となっているため
香典辞退の場合が多いです。


焼香作法
焼香回数は3回です。
お香を3回つまみ、額まで持ち上げ焼香します。


参列の際の服装
特に決まりはありません。
通常の喪服で参列しましょう。

NEW

  • お葬式の事前に準備しておきたいこと|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/21
  • 納骨堂について|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/18
  • お墓の種類について|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/17
  • 永代供養の樹木葬|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/16
  • 初めての海洋散骨|川崎市の葬儀社とむらび

    query_builder 2021/10/14

CATEGORY

ARCHIVE