葬儀における花祭壇とは?種類や価格を解説【桜】

query_builder 2023/11/17
葬儀のお花
桜を使った花祭壇

葬儀の際、まず思い浮かぶものの1つに祭壇があります。
これまで日本の葬儀における祭壇は、どこも白木のものが主流でした。
しかし、近年では葬儀形式の多様化にともない、花で飾る祭壇(花祭壇)が広がりつつあります。


花祭壇の広がりとともに、好きな花を飾って故人を見送りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、葬儀における花祭壇について、以下の点を解説いたします。


・花祭壇とは
・花祭壇でできること
・花祭壇の費用相場
・花祭壇の利用方法「桜」


今回は、花祭壇で使われる花のうち「桜」についても紹介します。
花祭壇の利用をお考えの方は参考にしてください。

花祭壇とは

花祭壇とは、花で飾った祭壇のことです。
以前は一部でしか利用がありませんでしたが、時代の変化とともに利用者が拡大し、今では白木祭壇と並ぶスタンダードな祭壇となっております。


また、花祭壇のうち、生花を使用したものは生花祭壇とも呼ばれています。
花祭壇は宗教色がないため、宗派問わずどなたでも利用できるのが特徴です。

花祭壇でできること

宗派を問わず利用できる花祭壇ですが、最大の魅力は「故人らしさ」を表現できることです。
基本的に使用する花に決まりがないため、どんな種類の花を用意してもよいとされています。


「故人の好きな花で送り出したい」
「故人のイメージに合った花を飾りたい」
「季節感のある花を使用したい」


など、要望に合わせて比較的自由に祭壇を演出できます。
これまでの葬儀の概念にとらわれることなく、故人や遺族の想いを自由に表現できるのが、花祭壇のメリットといえるでしょう。

花祭壇の費用相場

花祭壇の費用は、祭壇の規模や選ぶ花の種類、量などによって異なります。
また生花を使用する場合は、季節や取り寄せ状況によっても価格が変動しやすいです。


花祭壇の費用は、最小で数万円のものから、大規模の生花祭壇で100万円以上するものまで幅広くあります。
価格にばらつきはありますが、20〜80万円を相場の目安にするとよいでしょう。

花祭壇の利用方法「桜」

花祭壇を希望する際は、葬儀社に相談しましょう。
葬儀依頼の際、花祭壇の希望を伝えると打ち合わせがスムーズに進みます。


「桜」は、祭壇を飾る花として華やかさを演出するのに向いています。
故人がピンク色を好んでいた、女性らしいイメージにしたい、といった要望にぴったりです。


ただし、桜は季節的に手配が難しい場合もあります。
桜を祭壇に使用したい場合は、打ち合わせの際に事前に確認しておきましょう。


また花祭壇は、依頼する葬儀社によっても手配状況や費用が異なります。
予算をおさえつつも、花祭壇の希望をかなえたい場合は、花屋と共同運営している葬儀社を選ぶのがおすすめです。


花屋と共同運営している葬儀社であれば、余計なコストをおさえつつ、希望にそった花を手配しやすくなります。


「とむらび」は花屋が運営する葬儀社のため、花屋ならではの適正価格で花祭壇のご用意が可能です。
経験豊富なフラワーデザイナーが担当し、要望に合わせた花祭壇が実現できるよう葬儀をお手伝いいたします。


事前相談も受け付けておりますので、花祭壇をお考えの方はお気兼ねなくご相談ください。

まとめ

そこで本記事では、葬儀における花祭壇について、以下の点を解説いたしました。


・花祭壇とは
・花祭壇でできること
・花祭壇の費用相場
・花祭壇の利用方法「桜」


花祭壇は、故人を見送る新しい形として人気となりつつあります。
思いのまま祭壇を表現し、後悔なく故人を見送る手段として花祭壇の利用を検討してみてはいかがでしょうか。


花祭壇の種類や費用でお困りの際は、とむらびへご相談ください。
花のプロが24時間365日、いつでもお問い合わせを受け付けております。

NEW

  • ボツワナの葬儀はどのように行われる?

    query_builder 2024/06/25
  • 日本とは異なるポーランドの葬儀事情

    query_builder 2024/06/25
  • 招待状もあるベルギーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • 昔ながらの風習が残るペルーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • ベナンの葬儀の流れ・香典の相場などをご紹介

    query_builder 2024/06/25

CATEGORY

ARCHIVE