葬儀でお供えするお花、供花とは?地域によって価格と形状が違う

query_builder 2023/11/29
葬儀のお花
葬儀の供花

故人様を彩る花祭壇の両脇に飾られる、供花についてご紹介します。


供花は地域によって、カタチや金額もバラバラです。


例えば、一段の供花や二段もあります。

珍しい三段供花も見たこともあります。


※供花スタンドのカタチや花の内容など、地域独自の葬儀文化で違います。

供花とは


故人に供えるお花のことです。

遺族親族や友人、会社関係など故人と縁のあった人が葬儀・お葬式の時に贈ります。

また葬儀・お葬式に参列できないときに気持ちに代えて贈ることもあります。


以前は白を基調とした菊が一般的でしたが、最近では洋花が使用され故人が好きだった色などが飾られるようになりました


供花の相場価格


地域などによって異なる場合がありますが、全国平均だと1基15,000円となっています。

供花の種類や金額は様々ありますが、種類が増えてしまうと葬儀場の供花がバラバラになってバランスが取りにくくなってしまいます。


葬儀社と喪主が打ち合わせをして、価格と種類を統一する場合もあります。


※最近では、花の原価高騰により葬儀社・葬儀屋によっては価格が変化しております。


供花の締め切り


供花はお通夜が始まる前に葬儀式場に届ける必要があります。

お通夜の日の午前中には手配を済ませておくとよいでしょう。


万が一、お通夜や葬儀告別式に間に合わなければ自宅に届けてもらうこともできます。


供花をいただいた場合のお礼


葬儀・お葬式に参列せず、供花のみをいただいた場合のお礼ですが、基本的にお礼の品などを送ることはしません。


もし、お礼の品を送るのであれば

いただいた供花の価格の2分の1から3分の1の金額のものを送ると良いでしょう。

お礼の品と合わせて、お礼状もつけると気持ちも伝わります。


供花の注文先


・葬儀社・葬儀屋?

・花屋さん?


両方とも問題ありませんが、最近では供花の色指定などもできるため、葬儀社・葬儀屋に一度相談するのがよいでしょう!



葬儀社(平井)の経験上、注文先は葬儀社の方が理想的です。
なぜならば、葬儀式場の供花の大きさや色が統一されると綺麗だからです。
名札の大きさや書体などもあります。

どうしても、花屋さんに頼みたいときは、葬儀社に連絡を入れてもらい色等合わせるようにしましょう。

注意:葬儀社の会館などの場合は持ち込めない事もあります。   
また、持ち込み料が必要な葬儀式場もありますので、気をつけましょう。

まとめ


この記事では、葬儀・お葬式のお供えする供花のについて、以下の点を中心に紹介しました。

・供花とは
・供花の相場価格について
・供花の締め切りについて
・供花をいただいた場合のお礼について

・供花の注文先


花で彩るお葬式「とむらび」は供花注文も承っております。


ご注文の電話はこちらから


注文内容について以下の点を気をつけましょう!


・ご葬家名

・葬儀式場の場所

・名札について

・請求先


NEW

  • ボツワナの葬儀はどのように行われる?

    query_builder 2024/06/25
  • 日本とは異なるポーランドの葬儀事情

    query_builder 2024/06/25
  • 招待状もあるベルギーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • 昔ながらの風習が残るペルーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • ベナンの葬儀の流れ・香典の相場などをご紹介

    query_builder 2024/06/25

CATEGORY

ARCHIVE