葬儀儀式が必要な理由と流れ

query_builder 2023/12/26
葬儀の知識
葬儀で読経するお坊さん

葬儀とは亡くなった人の死後、そのご遺体を適切に扱い、お葬式を行う儀式のことを指します。
葬儀は、地域、文化、宗教、宗派、によって異なる儀式慣習が存在し、その葬儀形式は多様です。


本記事では葬儀儀式の必要性について解説していきます。

臨終から喪に至る儀礼の流れ

一般的な臨終から喪に至る儀礼の流れを解説していきます。

臨終

亡くなった人が臨終する際に、ご家族が最期の瞬間を立ち会うことがあります。
臨終の際に、亡くなる人に祈りや癒しの言葉をかけることが行われることもあります。

死後の安置

亡くなった人のご遺体を適切に扱い、棺に納められます。
納棺の前に、ご遺体を清め身なりを整え、ご遺体を安置します。

葬儀・告別式

故人の家族や親しい人が告別式に集まり、故人を追悼し、感謝の意を表します。
告別式は信仰する宗教的な要素があり、お経や祈りが行われることが一般的な儀式形式です。
また、友人や家族がスピーチを行うこともあります。

火葬

亡くなった人のご遺体は火葬場で火葬が行われます。
ご遺体は火葬炉で燃やされ、遺骨は骨壷に収骨されます。

・喪に服す期間

葬儀の後、家族は喪に服し、亡くなった人を悼みます。
喪に服す期間は、宗教や地域文化によって異なります。

以上の点が、臨終~死後の喪に至るまで、死別に出会った人が儀式を営み、悲しみ、葬りそして弔う一連の儀礼のことを表します。

葬儀儀式行事を表立って執り行う理由

公然の場で執り行われる葬儀儀式


なぜ、多くの方を招くのか?

理由について、解説していきます。

故人への最後の敬意

葬儀儀式は、亡くなった人への最後の敬意を表す儀式行事です。


公然で行われることで、故人が生涯で果たした役割や貢献が称えられ、その存在が社会に認められます。

社会的な共感と共有

葬儀は喪家(ご遺族)に対する社会的な儀式で共感します。


友人、親戚、近隣の人々が集まり、喪家(ご遺族)に対する励ましや慰めの言葉をかけ、喪失を共有することができます。

喪家(ご遺族)の心の癒し

葬儀儀式を通して、喪家(ご遺族)は感情を共有し、悲嘆を処理するのに役立ちます。


公然の場で感情を表し、喪失を受け入れやすくなります。

日本の文化・伝統に宗教儀式

葬儀は日本の文化伝・統に宗教儀式をる場でもあります。


これにより、文化や宗教に根ざした価値観と慣習が継承され、宗教的な信仰を表します。

社会的な儀式

葬儀は社会的な儀式であり、死と喪に関連する共通の価値観や慣習を共有し、社会全体が死を受け入れる手助けをします。


社会的な儀式は、個人の喪失を広いコミュニティと共有する機会を提供します。

故人の魂への祈り

葬儀儀式には、故人の魂を安らかに送り出すための祈りが含まれてます。
これは宗教的な信仰に基づくもので、故人の魂が平穏な場所に辿り着くを願います。

以上の点が葬儀儀式行事を表立って執り行う理由であり、故人と社会に宗教と文化が生と死の架け橋として機能し、亡くなった人を尊重し、葬儀儀式のご遺族から参列者まで喪失受け入れ、ご遺族が前に進むのを助けます。

葬儀を行う理由

葬儀を行う理由は多岐にわたり、地域文化、宗教に宗派などによって異なります。


葬儀を行う主な理由について、詳しく解説します。

故人への敬意と追悼

葬儀は故人に対する最後の敬意を表す場であり、その人の死を深く追悼する儀式です。


葬儀によって、亡くなった人が生前に果たした役割や貢献が称賛され、その存在が社会に認識されます。
これは、故人への感謝や愛情を表す機会でもあります。

宗教的な意義

葬儀は宗教的な儀式を含むことが多いです。
葬儀を通して、故人の魂が安らかに旅立てるように願い祈ります。
また、宗教的な信仰があり、死後の世界への信仰が表われます。

喪家(ご遺族)と社会の支え

葬儀は喪家(ご遺族)に対する社会的な支援と共感で支えます。


友人、近隣の人々が集まり、喪家(ご遺族)を慰め、励まし、葬儀のお手伝いもします。
喪失の感情を大勢で共有し、共感を示すことで、喪家(ご遺族)は悲しみを軽減できます。

喪家(ご遺族)の感情の処理

葬儀は、喪家(ご遺族)が感情を共有し、悲しむ機会です。
公然の場で感情を表せることは、喪失の受容と処理に役に立ちます。


また、喪家(ご遺族)が喪失を認識する手助けを受ける機会でもあります。

死と喪に対する社会的な意義

葬儀は死と喪に関する共通の価値観や慣習を共有し、社会全体が死を受け入れる手助けを行います。


社会的な儀式として、故人の喪失を共有し、社会的な支持を受けることができます。

遺体の適切な扱い

葬儀は、亡くなった人の遺体を適切に扱うために必要です。
ご遺体は安置し、火葬が行われます。
これには、法的要件と衛生基準を遵守する役割もあります。

葬儀は、死と喪失に対処し、故人へ敬意を表しや喪家(ご遺族)と社会が支え合い、喪失を共感共有するための儀式です。
文化や宗教、信念に基づいて異なる儀式があり、これらの理由が異なる葬儀儀式を支えています。

まとめ

本記事では、以下の点を説明してきました。


・臨終から喪に至る儀礼
・葬儀儀式行事を表立って執り行う理由
・葬儀を行う理由



社会で遺族を悲しみの共感に共有し支え合い、宗教で故人のご冥福をお祈りする葬儀儀式。


以下の点が重要な役割


・社会的役割:社会全体でご遺族の悲しみを共感・共有で、軽減・受容できる。

・物理的役割:葬儀後の火葬で、法的要件と衛生基準を満たす。

・宗教的役割:葬儀儀式を行うことで、魂が安らかに旅立てるように祈れます。

・心理的役割:葬儀儀式の場で感情を表せることは、喪失の受容と処理に役に立ちます。


※葬儀を行う理由は大きく分けて4つありました。

大切な方を送り出す大事な葬儀儀式、後世に繋いでいければ幸いです。



筆者の経歴


花で彩るお葬式「とむらび」代表取締役 平井旭彦




花で彩るお葬式「とむらび」は、代表取締役の平井旭彦が葬儀業界歴20年の中で感じていた『ご遺族に寄り添った葬儀・お葬式を低価格提供し、故人様らしい花祭壇で彩るサービスをしたい。』との思いから、2014年11月1日に川崎市宮前区有馬で創業した葬儀社です。

※川崎市をはじめ、横浜市の葬儀経験も豊富な葬儀社です。

弊社では、ご遺族様のご要望に柔軟に応えられるように、選べる葬儀プランをご用意しております。

併せて、川崎市民の公営斎場、「かわさき北部斎苑」「かわさき南部斎苑」と横浜市民の公営斎場「横浜市北部斎場」を利用することで、葬儀費用が安く抑えられます。

それぞれの、ご家族の事情に合った最適な葬儀プランをご提案させて頂きます。葬儀料金・費用面についても是非ご相談下さい。

弊社は、元花屋ということもあり、『低価格な葬儀でも、沢山のお花でお見送りできる』と皆様から非常に高い評価を頂いております。
おかげ様で、「リピーター」に「ご紹介」の依頼を多く頂いております。
これからも、『低価格でも高品質な葬儀サービスに、ご遺族の気持ちに寄り添ったお葬式』を目標に、従業員一同努めて参ります。



葬儀社:花で彩るお葬式「とむらび」
運営会社:株式会社ヒライ 
相談サロン:〒216-0003神奈川県
川崎市宮前区有馬9-3-14 弥生ビル1F

24時間 受付 365日対応
【事前相談無料】
TEL:0120-974-806
TEL:044-750-8543
FAX:044-750-8544

最寄駅:鷺沼駅から徒歩10分
Google Maps

川崎市・横浜市・東京都のお葬式、葬儀は花で彩るお葬式「とむらび」に相談ください。
家族葬、一日葬、一般葬、火葬式、直葬など様々な葬儀プランをご提案しており、葬儀費用や価格について相談・質問を承っております。

NEW

  • 横浜市青葉区の真言宗寺院【葬儀社】おすすめ10選

    query_builder 2024/02/26
  • 【葬儀の世界】派手で賑やかな中国の葬儀

    query_builder 2024/02/24
  • 川崎市宮前区のキリスト教会【葬儀社】おすすめ5選

    query_builder 2024/02/21
  • 川崎市宮前区の神社【葬儀社】おすすめ8選

    query_builder 2024/02/15
  • 川崎市宮前区の臨済宗・真宗・日蓮宗寺院【葬儀社】おすすめ4選

    query_builder 2024/02/10

CATEGORY

ARCHIVE