家族葬におけるマナー 喪主・参列者の立場から解説

query_builder 2023/11/05
葬儀のマナー
家族葬のイラスト

家族葬は新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって、葬儀の主流になりつつあります。

今後は家族葬に参列する機会も増えるでしょうし、喪主として家族葬を検討する機会もあるでしょう。

そこで今回は、家族葬にまつわるマナーについて「喪主(遺族)側・参列者・参列できなかった人」それぞれの視点で解説していきます。

家族葬に特別なマナーはない

家族葬と聞くと「何か特別なマナーがあるのでは」と不安を感じる方が多いですが、実は家族葬自体に特別なマナーはありません。

家族葬とは、親族や親しい友人などで執り行う小規模な葬儀です。葬儀の流れ自体は一般的な葬儀と同じであり、基本的には「親しい方々のみで執り行う」という違いしかないのです。

ただ家族葬では、葬儀の前後で気を配るべきマナーがいくつかあります。喪主(遺族)側・参列者・参列できなかった人、それぞれの視点から解説していきます。

喪主側(遺族)側のマナー

家族葬のマナーとして喪主(遺族)側が最も気を配るべきなのは、葬儀のお知らせ(訃報)を流すときの対応です。

訃報に関するマナー

故人の逝去と葬儀について訃報を流す際には、「家族葬で執り行う」ことを伝えましょう。これは葬儀前に、親族同士などで「葬儀に呼ばれた・呼ばれていない」のトラブルが起きないようにするための配慮にもなります。

また、訃報は流すけども参列をお断りする場合は「近親者のみで葬儀を執り行う」と明記し、日時や会場はお伝えしないようにしましょう。日時・会場が記載されていると、「参列を求められている」と勘違いが起きやすくなります。

葬儀後の報告

訃報を流さなかった親族や故人の友人などに対しては、葬儀後に故人の逝去と葬儀を終えたことを手紙(ハガキ)などで報告するのが一般的となっています。

なお、生前のうちにご本人から「家族葬で執り行う」と周知しておくと、事後の報告でもトラブルが起きにくくなります。

家族葬でのトラブルについては「家族葬で起こりがちなトラブルとその防止策」でも詳しく解説しています。

家族葬は誰まで(どこまで)呼ぶべきか

家族葬で最もトラブルになりやすいのは、葬儀に呼ばなかった親族からのお叱りです。

まず原則として、家族葬には人数や誰まで(どこまで)呼べばいいかというルールはありません。訃報を流す範囲は喪主または故人の判断に任されているため、参列できなかった親族から「なぜ葬儀に呼ばなかった」とトラブルに発展する例は少なくありません。

家族葬でどこまで呼ぶかについては「家族葬ではどこまで呼べばいい? 民法での「親族」や参列者数の定義を解説」にて詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

参列者側のマナー

家族葬は普通の葬儀と同じ流れで執り行われるため、参列者側に「家族葬だから」と特別に求められることはありません。

ただ、家族葬では香典や供花を辞退する場合が増えてきており、その際は無理にお渡ししないことがマナーとなります。

また、近しい間柄の方々のみで執り行うことから、一般的な葬儀ほどマナーに縛られない場合もあります。

参列しなかった方のマナー

家族葬において最もマナーを確認すべきなのは、葬儀に参列しなかった方かもしれません。

とくに家族葬だったため、参列したくてもできなかった方は、弔意の示し方についてマナーを確認しておく必要があります。

香典や供花のマナー

「葬儀に参列できないのであれば、せめて香典や供花をお供えしたい」と考える方は少なくありません。

ただ、家族葬では香典や供花を辞退する場合が多いため、まずは喪主に香典や供花について確認しましょう。とくに家族葬は小規模の斎場を利用することがあるため、施設側の都合で花環などを飾れない可能性もあります。

なお、弔電については香典や供花など異なり、とくに確認をせずにお送りしても問題ありません。

弔問のマナー

葬儀に参列できなかった場合、多くの方は弔問を検討するでしょう。ただ家族葬の場合、葬儀に参列できなかった方が次々と弔問に訪れ、喪主・遺族がその対応で疲弊している可能性があります。

まずはぐっと気持ちをこらえて、喪主へ弔問に伺ってもよいか確認しましょう。場合によっては、喪主側が参列できなかった方に向けて「偲ぶ会(お別れ会)」を検討していることもあります。
※偲ぶ会については「偲ぶ会とは 近親者だけの葬儀後に行うお別れ会」で詳しく解説しています。

一般的に弔問は納骨(四十九日法要)までに伺うものとされていますので、葬儀後に慌てて伺う必要はありません。むしろ葬儀直後は喪主・遺族も慌ただしく過ごしていることも多いため、余裕をもって連絡しましょう。

なお、新型コロナウイルスの感染対策で家族葬を選ばれている場合、葬儀後の弔問も制限する場合がほとんどです。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で家族葬が主流となり、家族葬のマナーを気にされる方が増えています。

基本的には家族葬に特別なマナーはありませんが、訃報や弔問など葬儀の前後で気を配るべきことがあるので注意しましょう。

このような葬儀についての疑問や不安がありましたら、お気軽に「とむらび」までご連絡ください。経験豊富なスタッフが24時間365日、無料で相談を承っております。

NEW

  • ボツワナの葬儀はどのように行われる?

    query_builder 2024/06/25
  • 日本とは異なるポーランドの葬儀事情

    query_builder 2024/06/25
  • 招待状もあるベルギーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • 昔ながらの風習が残るペルーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • ベナンの葬儀の流れ・香典の相場などをご紹介

    query_builder 2024/06/25

CATEGORY

ARCHIVE