【葬儀の世界】長いお葬式が行われるフィリピンの葬儀

query_builder 2024/02/13
世界の葬儀
フィリピンの国旗

世界各地では、その土地に根付いたスタイルでお葬式が行われています。
日本からも近いフィリピンも同じアジアの地域でありながらも、信仰している宗教が異なることから、異なったスタイルで葬儀が執り行われているのです。
今回は、フィリピンにおける葬儀についてご紹介していきましょう。

フィリピンの葬儀はとにかく長期にわたる

日本というと、お通夜の後に告別式が行われており、葬儀は2日あれば行うことができます。
しかし、フィリピンは1週間から何ヶ月もかけてお葬式が行われるケースがあるのです。
一体どういうことなのでしょうか。
フィリピンは日本とは異なり、家族を非常に大切にする風習があります。
フィリピンは、日本のほかにもあらゆる海外へ出稼ぎに行くことが多い国でもあり、家族の訃報を聞いたからといってすぐに帰省できる人ばかりではありません。
そこで、出稼ぎに行く親族、また友人などを待つという風習があって、葬儀が長い期間にわたってしまうケースがあるのです。
しかも、参列人数は親族、親戚、知人、友人などを含めても100人以上に上る盛大なものになると言われています。

フィリピンはカトリック式の派手な葬儀

フィリピンはカトリック教徒が多いこともあり、カトリック式の葬儀が行われています。
そのため、葬儀は教会で実施されているのです。
既述の通り、100人レベルで参列者が訪れるフィリピンの葬儀ではパレードが行われることもしばしばで、パレードを大々的に行って故人を弔っています。
基本的にフィリピンでは、死は永遠の命の始まりという考えがあることから、明るい葬儀になるのが通例です。
葬儀においては親族などが集まって楽しく食事を楽しみ、賑やかな会が行われます。
フィリピンは、日本と同様お通夜と告別式が行われ、お通夜の後に告別式を教会で実施します。

フィリピンにおける葬儀事情

フィリピンでは明るく賑やかな葬儀だとはいえども、服装については落ち着いた黒か白の服装で参列することがほとんどです。
必ずしもスーツなど改まった服装でなければならないというわけではありませんが、できるだけ黒や白をメインとした服装で訪れます。
ちなみに、赤は派手な色でタブーとされていますので避けましょう。
また、フィリピンはキリスト教の教えからキリスト教へ寄付が募られていることもあり、お葬式においても同様です。
フィリピンは貧富の差が激しい国でもあることから、葬儀費用が賄えない家庭も多いため、寄付金を募り費用を用意するケースも多くなっています。
そのため、葬儀費用は親族が出すのではなく、親戚や友人、知人が葬儀費用を出すというケースもあります。

まとめ

いかがでしたか。
フィリピンは、日本と同様にお通夜と告別式はあるものの、葬儀には1週間以上かかるケースもあり、長い期間をかけてたくさんの方が故人を送り出しています。
また、寄付を募ることも多く、葬儀は親族だけではなく故人に近い関係者からのお金で賄うケースも少なくありません。
寄付のほかにも、お悔やみのメッセージカードを贈ったり、花を贈ったりするケースもあります。

NEW

  • セネガル共和国の葬儀の流れ・服装や香典などのマナーをご紹介

    query_builder 2024/07/13
  • 紅茶の国スリランカの葬儀事情とは

    query_builder 2024/07/12
  • ゆりかごから墓場までスウェーデンの葬儀事情

    query_builder 2024/07/12
  • ザンビアの葬儀はどのように行われている?

    query_builder 2024/07/11
  • イスラム教の聖地であるサウジアラビアの葬儀

    query_builder 2024/07/11

CATEGORY

ARCHIVE