安置とは?葬儀における遺体ご安置の期間や場所、費用を解説

query_builder 2023/11/17
葬儀の流れ
安置のイラスト

大切な方が亡くなったとき、遺体を所定の場所に安置する必要があります。
別れは突然訪れますが、安置はすみやかに行わなければなりません。


短い時間で葬儀を依頼し、安置場所を決めるためには、事前に安置する場所や費用、依頼先などを把握しておくことが大切です。


本記事では、遺体のご安置について、以下の点を解説します。


・安置について
・安置場所
・安置費用
・安置方法


あわてずに安置場所を選べるよう、理解を深めておきましょう。

安置とは

安置とは、ご逝去から葬儀までの間、所定の場所に遺体を保管しておくことをいいます。


亡くなった場所にもよりますが、病院や警察署の霊安室では長時間遺体を保管できないため、すみやかに別の安置場所へ搬送する必要があります。

ご安置の期間

遺体の安置期間は、一般的に2〜3日とされています。


「死亡確認後、24時間以内は火葬してはいけない」と法律で定められているため、最低でも24時間は安置しなければなりません。


また、安置期間は、火葬場の状況によって前後します。
火葬場が混雑して予約が埋まっている場合や「友引」により休業している場合には、安置期間が3日以上となるケースもあります。

ご安置する場所

遺体を安置する場所は、おもに以下の3か所から選びます。


・自宅
・葬儀社・斎場
・民間施設


以前は、自宅での安置が主流でしたが、最近では葬儀社や斎場、民間施設を安置場所として依頼する人も増えてきております。


それぞれ詳しく紹介します。

自宅

葬儀社や斎場、民間施設の利用者が増えてきておりますが、やはりご自宅を選ばれる人は多いです。


自宅での安置は、故人との最期の時間をゆっくり過ごせるメリットがあります。
故人を自宅へ帰らせてあげたいという意向があれば、自宅での安置を選択しましょう。


自宅での安置は、仏壇のある部屋が確保できれば最適です。
仏壇がない場合は、冷房の効く部屋を選んで安置しましょう。


また、アパートやマンションなどの住宅によっては、ご遺体の搬入が難しい場合もあります。
事前に管理会社や葬儀社に問い合わせ、搬送可能か確認しておくと安心です。

葬儀社・斎場

住宅や近隣の事情から、葬儀社や斎場を安置先として選ぶ人も多いです。


葬儀社や斎場で安置するメリットは、ご遺体の管理をすべてお任せできる点にあります。
衛生的にも安心でき、搬送面で近隣に気を遣う必要がないため、ご遺族の負担を軽減できることも利点です。


また最近では、故人とのお別れの時間を過ごせるように、宿泊可能な安置室も増えてきております。
ご自宅と同じように、故人との最期の時間をゆっくり過ごせるのは嬉しいポイントです。


一方、葬儀社や斎場によっては、面会や弔問の時間に制限があったり、宿泊設備が整っていなかったりする場合もあります。


葬儀社や斎場を選ぶ際は、宿泊可否や面会時間について確認しておくとよいでしょう。

民間施設

自宅や葬儀社・斎場以外に、民間業者による安置施設も利用できます。


遺体の安置に特化しており、葬儀社や斎場と同様に、遺体を衛生的に保つことが可能です。
面会の制限がない場所も多く、時間を気にせず故人と過ごせることもメリットといえます。


ただし、葬儀社や斎場に比べて数が少ないため、安置場所が自宅から遠くなることも考えられます。
故人に会いに行けるまで、時間がかかるかもしれない点には注意が必要です。


また、民間施設では、火葬や葬儀に対応しているかは業者によって異なります。


選ぶ際は、火葬もまとめて執り行えるか、葬儀社を別で手配する必要があるか、調べておきましょう。

ご安置にかかる費用

遺体の安置にかかる費用は、選択した安置場所によって変わってきます。


ここでは、安置の費用を「自宅」「葬儀社・斎場」「民間施設」の場合に分けて、それぞれ紹介します。

自宅

自宅に安置した場合、かかる費用の目安は、約2万円〜10万円です。
おもな内訳は、以下の通りです。


・ドライアイス:1日あたり10,000円〜20,000円
・お供え費用(枕飾りなどの):10,000円〜30,000円
・搬送費用(10kmあたり):20,000円


自宅で安置する場合は、施設の利用料金が不要になります。
お供え物の費用はかかりますが、全体として負担する費用は少なめです。

葬儀社・斎場

葬儀社や斎場で安置した場合、かかる費用の目安は、約3万円〜15万円です。
おもな内訳は、以下の通りです。


・ドライアイス:1日あたり10,000円〜20,000円
・施設使用料:1日あたり5,000円〜30,000円
・搬送費用(10kmあたり):20,000円


葬儀社や斎場によって、施設使用料が葬儀プランに含まれている場合や、遺族の付き添い、宿泊に別途料金がかかる場合があります。


葬儀社を決める際や打ち合わせ時に、費用の内訳を確認しておくとよいでしょう。

民間施設

民間施設で安置した場合、かかる費用の目安は、約3万円〜10万円です。
おもな内訳は、以下の通りです。


・ドライアイス:1日あたり10,000円〜20,000円
・施設使用料:1日あたり10,000円
・搬送費用(10kmあたり):20,000円


遺体の安置に特化していることから、葬儀社や斎場に比べて施設使用料が安い傾向にあります。
ただし、近くに民間施設がない場合は、搬送費用や交通費が余計にかかる可能性もあります。


自宅からの距離や安置する期間を考慮し、予算と相談しながら選ぶ場所を決めましょう。

ご安置の方法

遺体を安置する方法は、宗教や宗派によって異なります。


ここでは、安置の方法を「仏式」「神式」「キリスト教」の場合に分けて、それぞれ紹介します。

仏式

仏式の場合、遺体は北枕(もしくは西枕)にします。
薄い敷布団にシーツをかけ、掛け布団は上下を逆にしてかけてください。


顔には布をかけ、手は胸の位置で合わせて数珠を持たせましょう。
布団の上には魔除けの意味を込め、刀(守り刀)を置くこともあります。


枕元には簡易的な祭壇として「枕飾り」を設置します。
枕飾りには、お水と一膳飯(枕飯)やお団子(枕団子)、香炉やろうそくなどを供えてください。


ろうそくや線香の火は絶やさないようにします。
お供物については宗派や地域によって異なる場合があるため、葬儀社や僧侶に確認するとよいでしょう。

神式

神式の場合、遺体は西枕か東枕にします。
顔には布をかけ、手は胸の位置で合わせますが、仏式と異なり数珠は不要です。


枕元には、枕飾りを設置します。
枕飾りには、水や塩、洗米、榊などを供えてください。


神式も宗派や地域によってお供物が異なる場合があるため、事前に葬儀社や神主に確認しましょう。

キリスト教

キリスト教の場合、枕の向きに決まりはありませんが、一般的には北枕にします。
仏式や神式と異なり、神父または牧師がお祈りをしたあとで安置します。


また、神式の場合は枕飾りを設置しません。
代わりに、聖書や十字架、ろうそく、生花などを飾ります。


ろうそくの火は絶やさないようにしましょう。

まとめ:川崎市や宮前区の遺体ご安置の相談はとむらびへ

本記事では、遺体のご安置について、以下の点を解説しました。


・安置について
・安置場所
・安置費用
・安置方法


遺体のご安置は、逝去されてからすみやかに行う必要があるため、事前に安置場所や依頼先を決めておくことが大切です。


故人やご遺族の意向、費用、距離などをふまえ、適切な安置場所を選択していきましょう。


川崎市や宮前区での遺体の安置について、どこに相談すればいいかお困りの際は、とむらびにご相談ください。


とむらびでは、遺体搬送から安置、葬儀までまとめてお引き受け可能です。
安置1日分が葬儀プランに含まれているため、余計な費用の心配も要りません。


宮前区にある神奈川サロンでは、葬儀の事前相談を受け付けております。
24時間365日、いつでもご連絡可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。




筆者の経歴


花で彩るお葬式「とむらび」代表取締役 平井旭彦


花で彩るお葬式「とむらび」は、代表取締役の平井旭彦が大手花屋時代に感じた『葬儀を低価格で、ご遺族に寄り添ったお葬式を提供したい。花祭壇を低価格で、故人を沢山のお花で彩るサービスをしたい。』との思いから、2016年11月1日に川崎市宮前区有馬で創業した葬儀社です。川崎市をはじめ、横浜市の葬儀経験も豊富な葬儀社です。

弊社では、ご遺族様のご要望に柔軟に応えられるように、選べる葬儀プランをご用意しております。
併せて、川崎市民の公営斎場、「かわさき北部斎苑」「かわさき南部斎苑」と横浜市民の公営斎場「横浜市北部斎場」を利用することで、葬儀費用が安く抑えられます。
それぞれの、ご家族の事情に合った最適な葬儀プランをご提案させて頂きます。葬儀料金・費用面についても是非ご相談下さい。

弊社は、元花屋ということもあり、『低価格な葬儀でも、沢山のお花でお見送りできる』と皆様から非常に高い評価を頂いております。おかげ様で、「リピーター」に「ご紹介」の依頼を多く頂いております。
これからも、『低価格でも高品質な葬儀サービスに、ご遺族の気持ちに寄り添ったお葬式』を目標に、従業員一同努めて参ります。

葬儀社:花で彩るお葬式「とむらび」
運営会社:株式会社ヒライ 
相談サロン:〒216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬9丁目3-14 弥生ビル 1F
フリーダイヤル:0120-974-806 24時間 受付 365日対応
TEL:044-750-8543 FAX:044-750-8544 【事前相談無料】
最寄駅:東急田園都市線【鷺沼駅から徒歩10分】Google Maps

川崎市・横浜市・東京都のお葬式、葬儀は花で彩るお葬式「とむらび」に相談ください。
家族葬、一日葬、一般葬、火葬式、直葬など様々な葬儀プランをご提案しており、葬儀費用や価格について相談・質問を承っております。

NEW

  • ボツワナの葬儀はどのように行われる?

    query_builder 2024/06/25
  • 日本とは異なるポーランドの葬儀事情

    query_builder 2024/06/25
  • 招待状もあるベルギーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • 昔ながらの風習が残るペルーの葬儀

    query_builder 2024/06/25
  • ベナンの葬儀の流れ・香典の相場などをご紹介

    query_builder 2024/06/25

CATEGORY

ARCHIVE