葬儀用語

サンプルサブタイトル

あ行

  • 後飾り(あとかざり)

    葬儀が終了したあとから忌明までの四十九日間、自宅に祀る飾り。
  • 遺影(いえい)

    故人が写っている写真や肖像画のこと。
  • 遺骨(いこつ)

    故人の骨のこと。
  • 位号(いごう)

    位号とは、戒名の下に付けられる「居士・大姉」などの文字のことであり、性別や年齢、功徳報恩や社会功績などにより異なる

  • 一膳飯(いちぜんめし)

    故人が使用していた茶碗にご飯を山盛りに入れ、ご飯の真ん中に故人が使用していた箸を立てたもののこと。
  • 一社造り(いっしゃづくり)

    神棚の代表的な造りの一つで、正面から見て扉が一箇所の神棚のこと。

    手前から神宮大麻(天照大御神)、氏神様、崇敬神社のお神札を順に重ねて祀る

  • 一周忌(いっしゅうき)

    逝去した翌年の祥月命日のこと。また、その日に営む仏事のことも一周忌という
  • 五七日忌(いつなぬかき)

    亡くなってから35日目、またその日に営む法要のことで小練忌(しょうれんき)ともいう。

    四十九日法要をもって忌明けとするのが一般的だが、五七日で忌明けとする地域もある

  • 位牌(いはい)

    故人の霊を祀るために、戒名(法名)・俗名・死亡年月日・年齢を記した仏具。位牌は、家の仏壇に置く本位牌や白木の位牌、寺位牌がある。白木の位牌は野位牌とも呼ばれ、葬儀から四十九日の忌明けまで祀るもの。白木の簡単なものが使用されている。四十九日の忌明け後は、黒塗りの本位牌に変えて仏壇にお祀りする。この本位牌は、家位牌や内位牌とも呼ばれている。寺位脾は寺に置くのものであるため本堂や裏の納骨堂に納めるが、宗派によっては本位牌を用いないところもある。
  • 院号(いんごう)

    戒名における称号
  • 引導(いんどう)

    仏教の葬儀の際、死者が迷うことなく浄土へ導くための儀式
  • 氏神(うじがみ)

    自分が住む土地を守る神様や霊のこと

    生まれた土地の神ということで、産土神(うぶすながみ)ともいう

  • 氏子(うじこ)

    自分の住む土地を守る氏神を信仰する人のこと
  • 宇宙葬(うちゅうそう)

    宇宙空間へ散骨する弔い方

    遺骨や遺灰の一部を専用のカプセルに入れ、ロケットで打ち上げる方法や

    遺骨をバルーンに乗せて飛ばす方法もある

  • 海の幸(うみのさち)

    神式開眼供養などの際にお供えされるものの一つであり、海から取れる自然の幸のこと
  • 盂蘭盆会(うらぼんえ)

    7月や8月の夏に祖先の霊をおもてなしして供養する仏教行事で「お盆」ともいう

    インドのサンスクリット語の「ウラバンナ(逆さ吊り)」ペルシャ語の「ウラヴァン(霊魂)」からきた言葉とも言われる

  • 永代供養(えいたいくよう)

    故人を供養する施主が遠方に行く場合や供養ができなくなる場合などに、永久的に菩提寺が代理で法要を営むこと
  • 永代供養墓(えいたいくようぼ)

    お寺や霊園が故人を供養、お墓の管理をしてくれる

    永代供養がついたお墓のことで、子孫がお墓を継承する必要のないお墓

  • エンバーミング(えんばーみんぐ)

    特別な機器を用いて遺体を洗浄・消毒し、防腐処置や必要に応じて顔などの復元処置を行い、最後にお化粧を施すこと。北米で誕生した手法。
  • 送り火・送り盆(おくりび)

    お盆の終わりにまたあの世へと戻る先祖の霊をお見送りするために焚かれる火のこと
  • お車代(おくるまだい)

    法事を行う際、会場に行くまでにかかる交通費として僧侶へ渡すお金のこと

    僧侶が会場まで足を運んでくれたことへのお礼の意味でもある

  • お膳料(おぜんりょう)

    葬儀や法事の際に行われる会食や飲食の席に僧侶が参加しない場合に、

    おもてなしの代わりに渡すお金のこと

  • お斎(おとき)

    法事のあとに行う会食のことを指し、元来は僧の食事という意味がある。「斎」は、神仏をまつる前に飲食や行いを謹んで心身を清めたり神事を行ったりする意味がある。
  • お布施(おふせ)

    読経や戒名をつけていただいたお礼として僧侶に渡す金銭のこと。法施・財施・無畏施の三つがあり、法施は大乗仏教における仏教修行で重要な六徳目の一つに教えられ、世の人の仏道を教えること、財施は、在家の人が僧に金や品を施すこと、無畏施は、あらゆる恐怖を除かせるということを指す。無畏施は、真心を込めて親切をすることによって誰にでも行える。
  • お盆(おぼん)

    亡くなられた方やご先祖様が、浄土からこの世に戻ってくる期間(7月か8月)のこと

    正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という

  • 音楽葬(おんがくそう)

    読経などを行わず、執り行なっている最中に

    故人が好んでいた音楽やゆかりのある音楽を流すスタイルの葬儀

か行

  • 回忌(かいき)

    故人の祥月命日に執り行われる法要のこと
  • 開眼法要(かいげんほうよう)

    死者の魂をお墓に入れる儀式のこと

    入魂式、御魂入れ、御性根入れ、お精入れとも呼ばれる。

    閉眼供養は、墓石から魂を抜き、単なる石に戻すことを言う。御魂抜き、抜魂式とも呼ばれる。

    浄土真宗では霊魂というものは存在しないという考えから、入魂式や御魂入れといった魂の字が付く。儀式は行わない。

  • 改葬(かいそう)

    元々あったお墓から、別の場所(別の墓や納骨堂)へ遺骨を移すこと

    一般的には墓石自体は動かさずに、遺骨のみを移す。

    改葬をするには、現在埋葬・納骨されている場所の市町村長の許可が必要

  • 会葬礼状(かいそうれいじょう)

    弔問に来た方に対してお礼の言葉を述べるための礼状
  • 戒名(かいみょう)

    仏の弟子となった証として故人に送られる名のこと。日蓮宗では「法号」、真宗では「法名」と呼ぶ。

    本来、戒名は戒を受けたる者に与えられるものであり、生前に取得するのが本義とされている。しかし現在では、故人の枕元で読まれる枕経のあとに僧侶から送られる場合が多い。

  • 過去帳(かこちょう)

    その家のご先祖様の戒名(法名)や俗名、没年月日、没年齢などが記された帳面のこと

    浄土真宗は位牌を作らず、過去帳をお仏壇に供えることが本式とされている。

    浄土真宗の教えに基づき、故人は現世にとどまることなくすぐに浄土で仏となると考えられているため

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行