葬儀の遺体搬送とは?搬送の流れや費用、手段を解説

query_builder 2023/11/17
葬儀の流れ
搬送イラスト

遺体搬送とは、遺体を葬儀場や自宅といった安置場所に搬送することです。


大切な方が亡くなった場合、遺体をすみやかに安置させなければなりません。
限られた時間のなかで、どのように遺体を搬送すればいいのか、流れがわからない方も多いのではないでしょうか。


本記事では、遺体搬送について、以下の点を解説します。


・遺体搬送の流れ
・遺体搬送の費用
・遺体搬送の手段


遺体搬送の手配がスムーズにできるよう、理解を深めておきましょう。

遺体搬送の流れ

遺体搬送は、以下の流れで進めていきます。


・遺体搬送の依頼
・搬送先(安置先)の決定
・遺体を安置


また、亡くなった場所によって対応が異なりますので、病院・自宅・遠方の場合に分けてそれぞれ紹介します。


【遺体搬送の依頼】


まずは、葬儀社に遺体搬送を依頼します。
連絡する際は、遺体がある場所を正確に伝えましょう。


また、遺体搬送と葬儀を別々の会社に依頼できますが、遺体の搬送から葬儀まで1つの葬儀社に頼むのが一般的です。


もしものときに備え、事前に依頼する葬儀社を決めておくとよいでしょう。


【搬送先(安置先)の決定】


次に、遺体の搬送先(安置先)を決めます。


搬送先の候補は、おもに以下の3か所です。


・自宅
・葬儀社・斎場
・火葬場などの安置室や霊安室


以前は自宅に安置する方がほとんどでしたが、現在は自宅以外を搬送先として依頼する方も増えてきました。


お別れの時間をゆっくり過ごしたい、設備が整った施設に安置したいなど、目的に合わせて搬送先を選びましょう。


【遺体を安置】


搬送先を決めたら遺体を所定の場所に安置します。


遺体は、北枕にして安置します。
部屋の状況でどうしても難しい場合は、北向き以外でもかまいません。


遺体を安置したあとは、宗派に応じて枕飾りと呼ばれる小さな祭壇を設け、菩提寺の僧侶に枕経(お経)をあげてもらいます。

病院で亡くなった場合

病院で亡くなった場合は、医師に死亡診断書を書いてもらいます。
その後、葬儀社に遺体搬送を依頼し、安置先を決めましょう。


葬儀社に依頼する際、病院側が葬儀社を紹介してくれるケースもあります。


事前に葬儀社が決まっていない場合は病院からの紹介でかまいませんが、必ずしも病院から紹介された葬儀社に決める必要はありません。


後悔ない葬儀にするためには、生前から依頼する葬儀社を決めておくことがおすすめです。

自宅で亡くなった場合

自宅で亡くなった場合は、かかりつけの医師に連絡し、医師立ち会いのもとで死亡診断書を書いてもらいます。


かかりつけの医師がいない場合や病気以外で亡くなった場合は、警察に連絡しましょう。
警察医が立ち会い、死因や事件性の有無を確認してから、死体検案書をもらいます。


死亡診断書や死体検案書を受け取るまでは、遺体を動かさないように注意してください。


その後、葬儀社に遺体搬送を依頼します。
自宅を安置先にする場合は、搬送は不要です。


葬儀社に死後処置や枕飾り設置などをしてもらい、通夜や葬儀の打ち合わせをしましょう。
自宅以外を安置先とする場合は、葬儀社に搬送先を伝え、指示に従います。

遠方で亡くなった場合

遠方で亡くなった場合は、病院であれば医師に、病院以外であれば警察に連絡し、死亡診断書か死体検案書を書いてもらいます。


葬儀社に遺体搬送を依頼する際は、事前に決めていた葬儀社でも問題ありませんが、搬送費用が高額になる可能性があり注意が必要です。


遠方で亡くなった際は、現地の葬儀社に依頼することも検討しましょう。


通常であれば、遺体を安置したあとで死後処置が施されますが、遠距離の場合は遺体の状態を保つため、先に死後処置や納棺が行われることもあります。


また、遺体搬送が難しいときは、現地で死亡届を提出し、火葬することも可能です。

遺体搬送の費用

遺体搬送の費用は、走行距離と車種によって変わります。


また、搬送費用には、距離以外にも待機料金や割増料金、搬送時に必要な物品代など、さまざまな費用がかかります。


ここでは、遺体搬送にかかる費用について、一般的な費用とそのほかの費用に分けて紹介します。

一般的な搬送費用

走行距離は「車庫〜お迎え先〜搬送先」の合計で計算します。


また、搬送料金は、各事業所が国(国土交通省)に届け出を行い、適用された金額をもとに算出されます。


一般的な走行距離の費用は、10kmまでは12,000円〜20,000円、それ以上の距離は10kmごとに3,000円〜5,000円かかるのが相場です。


葬儀社によって、10kmまでの距離はプランとして葬儀代金に含まれることもあります。

そのほかの搬送費用

一般的な走行費用に加えて、条件によって待機料金や割増料金などが加算されます。


待機料金は、依頼者の都合による待機で、1時間あたり5,000円〜10,000円ほどかかります。


また、早朝および深夜の搬送は、日中に比べて4,000円ほど高い設定です。
長距離であれば、追加で高速料金や交代要員としてのドライバー人件費が発生するでしょう。


そのほかの搬送費用には、搬送時に必要な物品代がかかります。


具体的には、ドライアイスや防水シーツ、棺などです。
これらの物品代は、一式で40,000円ほどが相場となっています。


ただし、物品代は搬送費用に別途かかる場合と、葬儀プランに含まれる場合があります。
葬儀社を選ぶ際は、搬送費用の内訳も参考にするとよいでしょう。

遺体搬送の手段

遺体搬送のほとんどは、葬儀社や専門業者の霊柩車・寝台車が使用されます。
しかし、遺体搬送に自家用車を用いても問題はありません。


ここでは、遺体搬送の手段について、一般的な霊柩車・寝台車と自家用車に分けて紹介します。

霊柩車・寝台車

一般的な遺体搬送には、葬儀社や専門業者の霊柩車・寝台車が用いられます。


お迎え先から安置先に搬送する際は寝台車、葬儀場から火葬場まで搬送する際は霊柩車と使い分けて呼ぶことが多いです。


また、事業として遺体搬送を行えるのは、法律に基づき国から認可された事業者に限られます。


認可された車両には「緑ナンバー」の装着が義務付けられています。
「白ナンバー」による許可のない車両での遺体搬送はできません。


さらに、遺体は法律上「貨物」として規定され「人」とは区別されています。


そのため、人を送迎する「旅客自動車運送事業」にあたるタクシーやバスでの搬送も禁止されているため注意が必要です。

自家用車

葬儀社や専門業者に依頼せず、自家用車で搬送することは法律上問題ありません。
ただし、自家用車での遺体搬送には注意点があります。


遺体搬送の際は、犯罪等の不要な疑いを避けるために、死亡診断書の携行が必要です。


さらに、遺体を安全に運ぶためには、ストレッチャーや棺で固定するなどの対応もしなければなりません。
衛生面も考慮すれば、綿詰めなど体液漏れの処置も必要になるでしょう。


自家用車での搬送は不可能ではありませんが、さまざまな注意点を踏まえると現実的ではありません。


搬送費用は発生しますが、葬儀社や専門業者に依頼するのが安心でおすすめです。

まとめ:川崎市や宮前区の遺体搬送はとむらびへ

本記事では、遺体搬送について、以下の点を解説しました。


・遺体搬送の流れ
・遺体搬送の費用
・遺体搬送の手段


遺体搬送は、亡くなってからすぐに行わなくてはなりません。


いざというときに慌てないためにも、事前に近くの葬儀社や遺体搬送の業者を調べておくことが大切です。


川崎市や宮前区での遺体搬送について、どこに相談すればいいかお困りの際は、とむらびにご相談ください。


とむらびでは、遺体搬送から葬儀までまとめてお引き受けが可能です。


宮前区にある神奈川サロンでは、葬儀の事前相談を受け付けております。
24時間365日、いつでもご連絡可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。




筆者の経歴


花で彩るお葬式「とむらび」代表取締役 平井旭彦


花で彩るお葬式「とむらび」は、代表取締役の平井旭彦が大手花屋時代に感じた『葬儀を低価格で、ご遺族に寄り添ったお葬式を提供したい。花祭壇を低価格で、故人を沢山のお花で彩るサービスをしたい。』との思いから、2014年11月1日に川崎市宮前区有馬で創業した葬儀社です。川崎市をはじめ、横浜市の葬儀経験も豊富な葬儀社です。

弊社では、ご遺族様のご要望に柔軟に応えられるように、選べる葬儀プランをご用意しております。
併せて、川崎市民の公営斎場、「かわさき北部斎苑」「かわさき南部斎苑」と横浜市民の公営斎場「横浜市北部斎場」を利用することで、葬儀費用が安く抑えられます。
それぞれの、ご家族の事情に合った最適な葬儀プランをご提案させて頂きます。葬儀料金・費用面についても是非ご相談下さい。

弊社は、元花屋ということもあり、『低価格な葬儀でも、沢山のお花でお見送りできる』と皆様から非常に高い評価を頂いております。おかげ様で、「リピーター」に「ご紹介」の依頼を多く頂いております。
これからも、『低価格でも高品質な葬儀サービスに、ご遺族の気持ちに寄り添ったお葬式』を目標に、従業員一同努めて参ります。

葬儀社:花で彩るお葬式「とむらび」
運営会社:株式会社ヒライ 
相談サロン:〒216-0003 神奈川県 川崎市宮前区有馬9-3-14 弥生ビル1F
フリーダイヤル:0120-974-806 24時間 受付 365日対応
TEL:044-750-8543 FAX:044-750-8544 【事前相談無料】
最寄駅:東急田園都市線【鷺沼駅から徒歩10分】Google Maps

川崎市・横浜市・東京都のお葬式、葬儀は花で彩るお葬式「とむらび」に相談ください。
家族葬、一日葬、一般葬、火葬式、直葬など様々な葬儀プランをご提案しており、葬儀費用や価格について相談・質問を承っております。

NEW

  • 横浜市青葉区の真言宗寺院【葬儀社】おすすめ10選

    query_builder 2024/02/26
  • 【葬儀の世界】派手で賑やかな中国の葬儀

    query_builder 2024/02/24
  • 川崎市宮前区のキリスト教会【葬儀社】おすすめ5選

    query_builder 2024/02/21
  • 川崎市宮前区の神社【葬儀社】おすすめ8選

    query_builder 2024/02/15
  • 川崎市宮前区の臨済宗・真宗・日蓮宗寺院【葬儀社】おすすめ4選

    query_builder 2024/02/10

CATEGORY

ARCHIVE